奨学金・教育ローン

奨学金制度

日本学生支援機構

本校に入学しますと、自立した学生さんを援助する日本学生支援機構の奨学金制度に申込することができます。
高校在学中に採用されなかった人でも、再度申込が可能です。
日本学生支援機構にはさまざまな利点があります。

  • POINT1 保護者の学費の負担が軽減できます。
  • POINT2 在学中は無利子です。
  • POINT3 返還は卒業後、6ヶ月は据え置きで生活が安定してから始まります。
  • POINT4 機関保証制度を利用できます。
奨学金の種類 第一種奨学金
(無利子)
第二種奨学金
(有利子)
貸与月額
(私立専修学校)
【自宅通学】
53,000円/
20,000円〜40,000円
【自宅外通学】
60,000円/
20,000円~50,000円
次の中から選択でき、貸与中に金額変更可能です
20,000円/30,000円/40,000円/50,000円/60,000円/70,000円/80,000円/90,000円/100,000円/110,00円/120,000円
貸与始期 採用決定は5月~6月ですが、貸与始期は4月となります 採用決定は5月~6月です。4月から9月の間で貸与始期月を選ぶことができます

推薦基準

人物 人物、学業共に優れた学生で、かつ健康であり、経済的理由により著しく修学に困難がある方
所得 日本学生支援機構が定めた収入基準額以下であること(基準額、算出方法は家族の数によっても異なります)
学力 高等学校2、3年の評定平均値が3.2以上 学習意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあるとみとめられる方
高校学校卒業程度
認定試験合格者であること
推薦方法 本校から推薦基準内の申込者全員を推薦し、日本学生支援機構において選考、採用を決定します
ナビダイヤル 奨学金相談センター:0570-666-301 受付時間:平日9時〜20時

教育ローン

日本政策金融公庫

公的な融資制度として安心して利用できることや、低利で手続きが簡単であることから、これまで450万人を超える方々に利用されています。
事前審査ができますので早めに学費準備がスタートできます。

ご利用
いただける方
ご融資の対象となる学校に入学・在学される方の保護者で、次の➊または➋に該当する方
➊世帯の年間収入(所得)が次の金額以内の方
子供の人数(注) 給与所得者(事業所得者)
1人 790万円(590万円)
2人 890万円(680万円)
3人 990万円(770万円)
4人 1,090万円(860万円)
5人 1,190万円(960万円)

(注)「子供の人数」とは、お申込み頂く方が扶養している子供の人数。年齢・就学の有無を問いません。6人以上の場合はお問合せください。

➋世代の年間収入(所得)が990万円(770万円)以内であって次の要件のいずれかに該当する方
  • [要件]
  • ➀勤続(営業)年数が3年未満
  • ➁居住年数が1年未満
  • ➂世帯のいずれかの者が自宅外通学者
  • ➃借入申込人またはその配偶者が単身赴任
  • ➄今回のご融資が海外留学資金
  • ➅返済負担率が30%超
    ※借入申込人の「今度1年間の借入金返済額÷年収(所得)」
  • ➆ご親族などに要介護(要支援)認定を受けている方がおり、その介護に関する費用を負担
  • ➇大規模な災害により被災された方
融資額 学生1人あたり350万円以内※兄弟・姉妹の時に利用していて現在返済中でも可能
返済期間 15年以内(母子家庭、父子家庭、交通遺児家庭、世帯年収200万円(所得122万円)以内の方
または子ども3人以上(注)の世帯かつ世帯年収500万円(所得346万円)以内の方は18年以内)
(注)お申込みいただく方の世帯で扶養しているお子さまの人数をいいます。年齢、就学の有無を問いません。
元金措置期間 在学期間内(元金据置期間は返済期間に含む)
利率 年1.78%(固定金利・保証料別)母子家庭、父子家庭、交通遺児家庭、世帯年収200万円(所得122万円)以内の方
または子ども3人以上(注)の世帯かつ世帯年収500万円(所得346万円)以内の方は1.38%(固定金利・保証料別)
(注)お申込みいただく方の世帯で扶養しているお子さまの人数をいいます。年齢、就学の有無を問いません。
※最新の利率は直接ご確認ください
保証 (公財)教育資金融資保証基金の保証(保証料が必要) ※連帯保証人による保証も可能です。
■(公財)教育資金融資保証基金 基金は連帯保証人に代わって融資の保証をする機関です
※保証料につきましては融資額・ご返済期間により異なりますので、詳しくはお問合せください。
お使いみち 入学金、授業料、教材費、通学費用、アパート・マンションの敷金・家賃等、今後1年間に必要となる費用
ナビダイヤル 教育ローンコールセンター:0570-00-8656 ※つながらない場合は:03-5321-8656

 

(株)オリエントコーポレーション

ご利用
いただける方
本校に入学・在学される方の保護者(申込時、満20歳以上60歳未満、完済時満65歳以下)安定収入がある方
融資額 10万円以上100万円以内の10万円単位
金利 金利は全額本校で負担します
返済回数 上限12回まで選択可能
問い合わせ先 学費サポート担当:03-3719-0811

三菱UFJ銀行・三井住友銀行・中央労働金庫・損保保険ジャパンなど

三菱UFJ銀行

ご利用いただける方 本校に入学・在学される方の保護者で次に該当する方
  • ➊70歳以下で、銀行所定の保証会社の保証を受けられる方
  • ➋前年度の税込年収(申告所得)が200万円以上の方
  • ➌勤続(営業)年数が1年以上の方
  • ➍団体信用生命保険に加入が認められる方(保険料の銀行が負担)
  • ※保証会社の保証を利用しますので、保証人は必要ありません
融資額 30万円以上500万円以内(1万円単位)
金利 実質年率3.975%(変動金利) ※令和元年5月現在
返済期間 6ヶ月以上10年以内(1ケ月単位)
返済措置期間 申込日の翌月から卒業予定月まで / 措置期間中は手数料のみのお支払いも可能です
ナビダイヤル コールセンター:0120-860-777

上記は一例となります。申込時期や申込方法、取引状況に応じた金利優遇がある場合がございますので、各金融機関にて直接お問い合わせください。

勤労学生支援

新聞奨学生

対象 本校に在学する者、および入学希望する者
目的 学費・生活力を自力で負担できますが、早朝勤務のため体力の自信と強い意志が求められます。
保護者や高校の先生とよく相談のうえ決定してください。
概要
  • ➊奨学金は各年度ごとに1年分が貸与されますので学費に充当してください。
    ただし途中で業務を辞めた場合は貸与金の一括返済が必要です。
  • ➋毎月給与(96,000円程度)が支給されますが、朝・夕の食事代として29,000円程度控除されます。
    新聞販売店の最寄りで個室が提供されますが、室料は無料です。
  • ➌各種保険(労災・交通傷害・所得補償等)が適用され、医療費全額補償制度もあります。
勤務内容
  • ➊各新聞奨学会にて勤務する販売店を斡旋します。
  • ➋勤務時間は1日5時間程度(朝刊配達AM4:00~約2時間)
    (夕刊配達PM4:00~約2時間)他にチラシ折込、奨学業務不随業務があります。
電話でのお問い合わせ 産経新聞奨学会:0120-033-933
毎日育英会:03-32091711
東京新聞奨学会:0120-18-3751
朝日奨学会:0120-127-733
日本経済新聞育英奨学会:0120-00-5725
読売育英奨学会:0120-430-116

上記は一例になりますので、各新聞奨学会へお問い合わせください。
※各販売店にて定員があり、給与・内容が異なりますので詳しくはお問い合わせください。
当校の授業時間は9:30~15:30です。勤務時間をご確認ください。