NEWS

新型コロナウイルス まん延防止等重点措置を受けて

令和3年(2021年)4月12日付けで、東京都に「まん延防止等重点措置」が適用されました。
あらためて感染対策の徹底が求められます。

 

つきましては、当校でも引き続き、文部科学省や東京都の指導に基づき、以下の感染対策を徹底したうえで新年度の授業を開催いたします。

※国際コミュニケーション学科では、状況に応じて、対面とオンラインを使い分けて授業を実施いたします。


 

入校時の検温・体調の確認

教職員、在校生は登校前に必ず検温を行い、発熱が見られる場合や、咳や全身痛など風邪のような症状がある場合は登校を控えていただいております。

 

マスク着用の必須、フェイスシールド・パーテーションの使用

教職員、在校生は登校から下校まで校内では必ずマスクを着用し、授業時は必要に応じてフェイスシールドやパーテーションも使用しております。

 

手洗い・手指のアルコール消毒

玄関および各教室など校内各所にアルコール消毒液を設置し、入校時や授業の前後に必ず手洗い・手指の消毒をしていただいております。

 

校内各所の除菌

直接手で触れることの多いドアノブ、手すり、授業で使用するマイクや機材などを重点的に除菌を行っております。

 

◆常時換気

授業時・休憩時も窓やドアを必ず開けた状態にし、校内の換気を常時行っております。

 

3密状態の回避

密閉・密集・密接を回避する形式で、距離をあけて着席していただくなどパーソナルスペースを保って行います。

 

その他

昼食の際には対面せず黙食をお願いしています。また、校内各所に感染防止対策に関する注意書き掲示がありますので、記載の指示に従って行動をお願いいたします。

 


 

まだまだ予断を許さない状況が続いておりますが、学校に関わる全ての皆様の健康と安全を第一に考え、感染防止対策を引き続き実行していく所存でございます。

 

皆様のご理解、ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。