阿部 敦
誰しも、技術は必ず身に着けられる。一つ抜けるには、「今」を楽しんで、駆け抜けること
静かな語り口に、熱のこもったメッセージは、学生たちの背中を力強く押してくれた。講演終了後は、みんな晴れやかな気分!

策士のマネージャーが投入してくれたオーディションでアニメの主役を獲得!

TSA市原理事長(以下、市原) アニメ、外画、ラジオなど幅広く活躍されています。

阿部 敦(以下、阿部) 芸歴10年を迎えました。あまり意識していなかったけれど、2桁ってちょっとすごいなって思ったりして(笑)。

市原 この10年で、最も衝撃を受けたことは?

阿部 アニメ『とある魔術の禁書目録』で、初めてオーディションに受かった時ですね。事務所に入って間もなくではあったのですが、「この制作会社さん、この音響会社さんだったら、たぶん主役は大役の経験がない若手を選ぶ」と言ってマネージャーさんが僕を投入。その読み通り、主役をいただくことができました。

市原 すごい。周囲が戦略をぶつけていったんですね。

阿部 そうなんです。僕自身もできる限りのことはやったけれど、マネージャーさんとの出会い、タイミング、運というものがあるんですよね。

市原 以来、数々の主演を務めていますが、元々はTSA姉妹校のtasa.に通学を。

阿部 はい。お芝居のトレーニングを受け、卒業前に学内で行われた3社合同オーディションを受けました。ちょうどこの教室に学生たちが集められて、5、6人ずつ隣の教室のオーディション会場へ。そこで賢プロダクションの養成所に合格したのが、業界に進んだ始まりでした。最初は40人ぐらいでしたが、上級クラスでは15名ほどに絞られて。

市原 プロダクションの養成所に上がってからも、厳しい世界ですね。TSAでも卒業前に学内オーディション(各社事務所の所属オーディション)を行いますが、合格の秘訣は、やっぱり自分をそのままに出すこと!

阿部 まさにそうです。僕は全国の養成所に行かせていただく機会もあって。そこでは「誰々さんのしゃべり方ができます」とアピールする人が。でも見たいのは「君にしかできないもの」。噛まないように上手くしゃべる必要はなし。可もなく不可もなくは一番ダメで声が裏返ってもいいから、「君にしか出せない片鱗を見せてほしい!」と思います。大勢の人材を見てきた事務所の社長さんやマネージャーさんは、何か光るものがあれば絶対に目に留めてくれます。


笑って怒って泣いて。青春真っ只中のキラキラはすごい魅力的!

市原 皆さんからも質問を。

学生 オーディションで印象に残る表現を教えてください。

阿部 自己紹介は声も出て面白いのに、セリフでトーンダウンする人が多いです。セリフは魂込めれば汗をかける。それぐらい熱量を出して!

学生 まだ自分が見えません。阿部さんは自分探しをしたことはありますか?

阿部 あるがままに表現したい風に表現したことがあります。作品オーディションで、背景も分からず「ウォー」だけ書いてあるセリフを読むというもの。僕、アニメが好きだから、戦闘で相手と衝突する場面で、押されるけれど最後は一気に押し切る、みたいなイメージをそのセリフに乗せました。こうしたら面白いかなとワクワクしながら試行錯誤してやっていくと、自分の個性を見つけるきっかけに。

学生 自信を失ったときはどうしていますか?

阿部 君たちには青春真っ只中で、キラキラしていて欲しい!それって、すごい魅力的に映るよ。

市原 いいこと言いますね!ゾクゾクしてきた!人と比べたりして自信を失うと、キラキラが消えちゃう。

阿部 芝居が上手くいかないとか、親が心配するとか、いろいろあると思うけれど、それも今しか出来ない悩み。辛くてもどこかで楽しんで欲しい。将来、何になりたいか分からない人が多い中、皆さんはやりたいことを見つけ、歩き出している。思いっきり笑って怒って泣いて、とりあえず楽しもう!誰しも技術は後から必ず着いてきます。一つ抜けるもの、それを今、育てる時。プロへの近道です。

全員 はい!ありがとうございました!


ページの先頭へ戻る